管理人が運営するお店・Re-styleのHPはこちら テスト中

世間の使い方は?豪快に使う?貯金?2019年ボーナスの使い道

スポンサーリンク
ダレトク
スポンサーリンク

こんにちは、きゃみです。

さて、少し遅めではありますが
2019年 令和元年
今年のボーナスの使い道
についてリサーチしてみました!

※ちなみにフリーランスには
ボーナスという概念は無いです...
(´;ω;`)

それでは
早速見て行きましょう!

スポンサーリンク

ボーナスの使い道ランキング

早速集計やツイートが出てます!!
気になるボーナスの使い道ランキング
行ってみましょう!

注意:全体の約45%は支給無しという
結果が出ています。
世間的にはほぼ半分の方が
ボーナスって無いんですね...。

1位








全体の約38%を占めたのは

スポンサーリンク

「貯金」です。

うーん、やっぱりか
という結果ですね。

トヨタの終身雇用の発表も
後押しした結果でしょうか...。

「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言(19/05/13)

6年連続で貯金がトップだそうです。

僕ら世代は年金問題もありますし
老後の備えと回答した方が
貯金と答えた全体中57%
に上りました。
※過去6年トップの割合

ちなみにボーナスの75%以上を
貯金に回したという方が3割!
貯金に回した方の6割が
50%以上貯金
したという
結果が出ているそうな。

30代までは子供の学費など
将来の消費の備えが多く

40代以降は病気・ケガ・老後の
備えに対しての貯金と
いう声が多かったです!

2位~

さて2位以下はどの様な結果に
なっているのでしょうか??

2位!

旅行 10%

3位 外食 5%
4位 ちょっと豪華な食品 5%
5位 服 3%
6位 投資系 3%
7位 ローン返済 2%
8位 家電の買い替え 2%
9位 日帰り旅行 2%
10位 取り寄せ系の良い食品 1%

様々な集計をリサーチしましたが
ダントツで貯金が1位でしたねー。
次いで、旅行・食事・買い物系の
趣味の分野って感じです。

いろんなツイート~ちょっとおしゃべり~

せっかくなんで
いろんなツイートを
見てみましょう(^^)/

なんだかんだ言っても
ボーナスっていいよね~

ちなみに僕は夏のボーナスは
仕事で使うものを衝動買いと
飲み代に使って一瞬で
消えてました...笑

今年一番の買い物は車ですかね~

では気を取り直して次行きましょう!

自分はどう?ボーナスの平均

なかなか聞けない他人のボーナス額
自分はどう?周りと比べて
貰ってる方?
そんな気になるボーナスの平均を
見てみましょう!

  • 一部上場企業 80万円オーバー
    さすがは大手企業!
    これでも7年ぶりのマイナスです
    新卒は10万円前後が
    相場みたいですね。
  • 中小企業 39万円ほど
    業績良好な企業は月給の2~倍
    ほとんどは1.2~倍
    新卒は5~8万円が
    相場だそうです。

国家公務員は前年度より4.1%増加
7年連続でプラス


約68万円

ええなあ・・・(゜-゜)

ボーナスが高い企業ランキング

あくまで平均ですが
ボーナスが高い企業も
ランキングで
見てみましょう!

1位 東京エレクトロン
   546.8万円
2位 ディスコ
   428,7万円
3位 アドバンテスト
   415,7万円
4位 双日
   370,5万円
5位 大本組
   360.3万円
6位 ジャストシステム
7位 野村不動産
8位 鹿島
9位 キリン
10位 森組

1~3位は半導体企業が独占でした!
1位の東京エレクトロンは
なんと前年比34%増加


5・8・10位には
建設企業がランクイン!
オリンピックに向けて
伸びたのでは?と言われています!

そもそもボーナスの概念とは

賞与(しょうよ)とは、定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のことで、ボーナス (bonus) やお給金とも呼ばれる。欧米ではいわゆる特別配当・報奨金の類である。
日本では、基本的にはの年2回支給される場合が多いが、企業によっては年1回や年3回といったところもある。また、もともと制度として導入していない場合もある。

Wiki先生

ふむ。
存じております。

2018年調べでは
一般の中小企業の
10社中3社は支給無し

というデータが出ており
頂ける事に感謝ですよね!

もちろん業種にもよりますけどね。

ちなみに私は、以前
人事の部署や
店舗責任者にも
関わっていた経験ありまして

貰う側、渡す側からの
メリット・デメリットも
参考にまとめておきます。

ボーナスのメリット

貰う側はうれしい事しか
ありません!!

以上。

にゃんこ母さんのツイート神(*‘∀‘)
猫好きってにゃんこ様って崇める癖あるので 笑
※僕は猫派です。

企業側のメリット

  • 従業員のモチベーションup!
  • 求人を出す際に都合がいい
    (基本給を高くしなくても
    +αあるよーって言える)
  • 人件費のコントロールがしやすい
    (業績によって確保する利益が調整できる)
    逆もまたしかりで年俸制だと
    基本給は高めに設定するが、
    年単位で人件費が確定する為
    事業計画が組みやすい。
  • 税金対策
    個人的にはココが大きいと思います。
    利益って税金で持っていかれますよね?
    それをそのまま収めるなら
    従業員に賞与や福利厚生に
    回した方がやる気も出るし(^^♪

こんな感じでしょうか?

なんだか会社員だったころ
「こいつこんなこと考えて
仕事してたの?」とか
思われたら嫌ですが...笑

僕個人の意見は賞与は企業側に
有利な制度な気がします。

ボーナスのデメリット

意外?実は貰う側、渡す側
共にデメリットもあるんです。

まずは貰う側です。

  • 以前より減ってるとがっかりする
  • 貰うまではっきりとした金額がわからない
    ある程度は予測できるでしょうが
    大きく下回った際しょんぼりする(-ω-)
  • ボーナスからも社会保険料が引かれるから
    なんとなくがっかりする

続いて企業側

  • 良くも悪くもモチベーションに影響が出る
    減給時は特にそうですね。。。
    毎年下がり続けたら
    「あれ?うちの会社大丈夫?」
    なんて変な不信感が生まれる事も...。
  • 特に残業に対するモチベーションの低下
  • ボーナス無しの場合”目先のご褒美”無く
    モチベーション低下になる
  • 離職希望が同月に出る

デメリットに関しては貰う側は
ほぼ無いに等しいかもしれませんね。

いや、ほんとに頂けるだけありがたかった...泣

どちらかというと
企業側のモチベーション問題が多いようです。

ちなみに僕は、側近だと5月に辞めてますので
夏のボーナスは無しです。
普通の思考だと
「ボーナス貰ってから辞めーよ」です 笑

またボーナス支給が確定した
その月に面接に行き

「今の会社が賞与は渡したいから
もう少し残れない?って言われててー
入社日調整できないですかねー」
心境は(ボーナス貰って次月
転職出来たらラッキー♪)

と相談したら

「いいよー、貰えるものは貰っときー」

とすんなりokが出た経験があります 笑

余談 なぜ夏冬の2回が多いのか?

起源は江戸時代。

雇い主がお盆・正月前に
住み込みで働きに出てきた人に
田舎に帰る際「綺麗な格好で
帰れよ、お土産も
持って帰れよ」と渡したお金
お仕着せ」「餅代
から来ているそうな。

語源は、ラテン語の
「Bonus(ボヌス)」であると言われています。
ローマ神話に登場する
「Bonus Eventus(ボヌス・エヴェントス)」
という成功と収穫の神が
「良い」という意味があるからだとか。

まとめ

最後にボーナスについて
ざっくりとまとめます!

  • ボーナスの使い道約38%は貯金
  • 使い道2位は旅行
  • 使い道3位は外食
  • 半分の人はボーナスなんて出ない
  • ボーナスの平均は約60万円
  • 公務員は平均68万円
  • 半導体企業と建築企業が良好
  • ボーナスにもメリット・デメリットあり
  • ボーナスの起源は江戸時代の「お仕着せ」と「餅代」

コメント

タイトルとURLをコピーしました