管理人が運営するお店・Re-styleのHPはこちら テスト中

今や誰でも社長に!20代で起業・フリーランス化した人ならわかるあるある集

スポンサーリンク
フリーランス活動
スポンサーリンク

こんにちは、きゃみ@kyami_1010です。


この記事ではTwitterやネット上に
拡散されている20代で起業した人
あるあるをまとめた記事
です。

世の中の起業家の人々が
どんな思いなのか
垣間見れます。

2019年、副業が解禁され
それと同時にフリーランスという
働き方にも注目が集まりつつあります。

ひと昔前までは公務員になっとけば
一生安泰!みたいな価値観でしたが

令和ではYoutuberやライバーなど
いろんな職業がどんどん出てきています。

好きな事をやってお金を稼ぎませんか?

独立を選択した人たちは
どんな心境なのか?
お楽しみ下さい。

きゃみ
きゃみ

ちなみにこの記事を書いている僕は
現在フリーランス歴半年ほどです

スポンサーリンク

今や誰でも社長に!20代で起業・フリーランス化した人ならわかるあるある集

学校を卒業したら企業に就職。
普通の流れです。

しかし大学時代にインターンなどで
稼ぐノウハウを身に付け
新卒→新卒フリーランスという
スーパーエリートも存在します。

...カッコいい(゜-゜)
意識高すぎ

そう、でも今の時代やろうと思えば
起業出来ちゃうそんな時代です。


法人化も20万円ほどあれば
立ち上げる事はできます。

フリーランスは開業届を
3分ほどで書き上げ、提供、終了。

✔以前開業届を書いた時の記事です
よかったら参考にどうぞ!

会社を辞めたその後の手続き等、転職?個人事業主?青色?


20代で起業も全然OKな
世の中になりつつありますが

どんなあるあるがあるのでしょうか?
早速見て行きましょう!

起業家・フリーランスあるある

心持ちとお金面の2つのカテゴリーに
分けてまとめてみました。

フリーランスは基本1人ですが
起業は複数人の場合もあるでしょうが
共通する部分は多いはずです。

心持ち辺

  1. SNSやラインの画像をそれっぽく変える
    旅先や外国の風景をバックに
    サングラスは定番
  2. 稼働するしない関係なしに休みが基本無い
    今月はいつ休もうか?と迷う。
    いつかバグる。
  3. なんとかなる精神を発揮する
    20代の特殊能力、失うものはそんなにない
    むしろ起業した実績が評価されて
    再就職も案外すんなり行った人もいる
    →ハイクラスの転職サイト有り
  4. よってトップは夢見がち
    右腕に現実的な参謀役がいる会社は強い
    トップは夢を下に伝えるのも仕事
  5. 謎の勧誘・営業の電話が増える
    どこから調べたのか、わりと
    1ヵ月くらい活動していると
    電話がかかってくる
  6. 初期メンバーは家族同様
    良い事もあれば悪い事もあり
    プライベート面が仕事に響くこともある
    恋愛とか・・・。
  7. 従業員が多くなければ職場が自宅みたいになる
    よくある創業当初は賃貸の一室だったって話
  8. メンバーの結婚で価値観が変わるタイミングがある
    年齢的にも30前後になるので
    軌道に乗っていればもちろんGOだが
    載っていないと離脱する
    メンバーも出てくる。
  9. 有名な人の助言ツイートなどで気持ちが変わる
    最近だとビジネス系YouTuberも増え
    気軽に社長さんのスピーチや話を
    聞く機会が多い事から
    自分の信念を曲げてしまうことも。
  10. 税理士さん助けて下さい
    いろいろ相談をしてしまうことも
    多いとか。
  11. 名刺のデザインめっちゃ考える
    大事な仕事道具です。
    全部自分で決められるのも利点ですね。
  12. 学校(大学)で勉強したことは役に立たない
    勉強の仕方や効率化のノウハウは生きる
    むしろインターンやバイトの経験の方が
    起業には生きていると実感する。
  13. 地元の古いお店を見て改めて凄いと感じる
    あるデータによると企業の10年生存率は
    たったの6%だそうです。
    長年やっているお店を見てしみじみ
    凄みを感じる。
  14. 成果の数字はちょっと盛ってしまう
    仮に見込み利益が90万円代なら
    100ちょいかなと周りには言う
  15. 元同僚に経営の持論を説く
    久しぶりの飲み会で自分が
    軌道に乗っていた場合発動。
  16. 「よ!社長!久しぶり~」とからかわれる
    同じく久しぶりの飲み会で発動。
    わりと悪い気はしない。
  17. 数人で起業した場合高確率で誰かいなくなる
    新規立ち上げは起業に関わらず
    意見の食い違いが必ずと言っていいほど
    起こり、喧嘩する。
    離脱orめっちゃ仲良しになる
  18. とりあえず起業したが、サービスや事業が軌道に乗らないまま消える
    実際は甘くはないようです。
    『1勝9敗』で有名なユニクロさんでさえ
    10新しい事を始めれば9回失敗すると
    言っています。
    めっちゃいい言葉で好きです。
  19. 成功者は華やかに見えるが実はかなりの努力家
    地味な作業の積み重ねが
    その成功を生んだ秘訣です。
    ちいさな積み重ねが大切です。
  20. アドバイス聞いてないやつ多い
    こちらは成功者→若手起業家に
    向けてのご意見です。

    やらないなら聞いてくるなよ
    と厳しめのご意見です。
  21. 知り合いの社長を自慢してくる
    ウザイ。
    ↑とあるツイートです。

    ほどほどにしましょう。
  22. 後から起業した上場企業出身の人優秀
    やっぱり優秀な人多し。
  23. SNS発信は○○勉強会に参加!が多め
    起業家○○セミナーやその道の有名人の
    サロンや勉強会には積極的に参加する。
  24. 会社員の頃は早く休み来ないかなーと思っていたが、今ではほぼ仕事の事を考えている
    でも不思議と苦ではない。

お金辺

  1. とりあえず、スタートはお金が無い
    基本的に自分の財布=会社のお金
    みたいな感覚になるので
    始めは機材を揃えたり、ネット環境などの
    固定費がかさむ。
  2. その結果、ご飯はコンビニ弁当¥500以下で過ごす
    牛丼でさえちょっと高め
    やることも多いため、手軽に食べられる
    カップラーメンになりがち
  3. 手元に現金を用意するのが困難
    売り上げが立っていても
    入金は翌月の月末とかよくある話
    結果支払いに追われることも

    →経理の部署がやたら細かいのは
    こういう入金問題があるからですね
  4. ベンチャーキャピタル(VC)に頼るが思い他集まらない
    よく比較されるのが
    クラウドファンディングです。
    どちらも資金集めの方法ですが
    集まるのは天才のアイディアくらい。
  5. 補助金を当てにしてみる
    いろいろ審査があり案外簡単にはもらえない
  6. 節税対策を頑張る
    大丈夫。いきなり利益が出る方が少ないので
    おいおい勉強すればOKです。
    まずは稼ぎましょう。
  7. 領収書はとりあえず取っておく
    会社員や学生の頃はノールックで
    捨てていたレシート
    今ではきっちり管理する
  8. 毎度毎度の打ち合わせの食事代が痛い
    缶コーヒー数本ならまだしも
    カフェになると自分の1回の食事代を
    越すこともあって辛い
  9. 社長!奢って!とたかられる様になる
    知り合いや後輩に言いふらすとこうなる
    そして良い格好がしたい為
    結局奢ることになる。
  10. 利益が出始めてもいきなり贅沢な生活は怖い
    しばらくは牛丼が大盛になるか
    +豚汁セットになるくらいの贅沢さ
  11. でも、たまにはと自分にご褒美を与える
    これも1つの投資と思える様になる
  12. 銀行口座が増える
    個人用と事業用を混ぜると月の細かい
    収益がわからなくなる

まとめ

20代で起業!と聞くとなんだか
キラキラしたイメージですが
成功されている方は

人より多くの苦労をされているのが
わかりますね。

案外あるあるあるもんですね(^^)


コメント

タイトルとURLをコピーしました