管理人が運営するお店・Re-styleのHPはこちら テスト中

【失敗談】Webライター初心者の辛い話

スポンサーリンク
フリーランス活動
スポンサーリンク

こんにちは、きゃみ@kyami_1010です。


今回の記事ではタイトル通り
Webライターでの失敗した話
お伝えして行きます。

Youtubeでもあまり触れられていない
落とし穴かもしれません

→「コピペ ライティング」で検索すると
しっかり出て来ますが。。。笑

この記事をご覧頂くと

  • 副業でこれからライターで稼ぎたい方の道しるべ
  • ライターって職種はこんな感じだよって豆知識
  • ネット記事ってこうやって出来てるよーという豆知識

こんな感じの情報が手に入ります(^^)

僕がどんな感じの立場かというと
フリーランス歴がもうすぐで
約6ヵ月、半年を迎えようとしています。

ライター経験は現在1人の方と契約し
約20記事納品しています。

今回は収入を増やそうと思い
新たに応募してテスト記事を
書いてみての感想や失敗談を書いていきます。

スポンサーリンク

【失敗談】Webライター初心者の辛い話

今回新たに応募した案件に不採用になりました。
(厳密には採用なら連絡が来る)

ざっくり作業時間12時間で収入0円です><

僕のスペックはこんな感じです。
現在ブログ記事、約40記事を公開中
PCスキル特に無し。

タイピング速度は並み
もちろんブラインドタッチは出来ない。

以上。

今回は東京にある企業に業務委託形式の
フリーランス求人に応募しました!


一応この記事の最後に
サイト情報載せて置きます。

ざっくりWebライターで仕事を始めるまでの流れ

  1. クラウドソーシングサイトなどで応募する
    (実績が無い方はとりあえずいっぱい送りましょう)
  2. 連絡が来るといくつか質問が記載されています
    一次面接的なノリでWebでのメッセージのやり取りが多いですね
    下に実際のやり取り載せますのでよかったらご覧ください
  3. 通過したらテストライティング!
  4. 合格なら契約を結んでお仕事スタートです

実際の企業とのやり取りはこんな感じです。
白背景:相手企業様
青背景:自分

【失敗談】Webライター初心者の辛い話
【失敗談】Webライター初心者の辛い話
【失敗談】Webライター初心者の辛い話
【失敗談】Webライター初心者の辛い話
【失敗談】Webライター初心者の辛い話

専門的な知識・技術が無くても
とりあえず興味を持ってもらえたら
こっちの勝ち!

とりあえずテストまでは行けました(^^)
(今回最大の失敗はテスト後半で起きました。。。)

副業を考えたことがある方でしたら
Webライターという働き方を
聞いたことがあるのではないでしょうか?

副業やフリーランスと言えば
プログラミングやWebデザイナーなど
専門的な知識が必要で

数ヶ月は勉強期間が必要
言われています。

もちろんWebライターという働き方も
勉強は必要ですが

唯一未経験でも仕事を受注できる
可能性が高くかつ、初月から
売り上げを狙っていける働き方なのです!


ざっくりとですがWebライターの
入り口についてお伝えしてきました。

続いては僕が失敗した
手順③のテストライティング
ここの流れや失敗した話を書いていきます。

初心者Webライターの具体的な失敗箇所

僕が失敗したのは納品はもう目の前の
コピペチェックの段階です。


なんか、コピペの疑いが強い結果が出た

参考画像がこちら↓

【失敗談】Webライター初心者の辛い話
モブキャラ
モブキャラ

お前、やったな??

赤で囲った箇所なのですが
一致率判定が50%オーバー( ;∀;

いやいや、やってません。。。

どうやらネット上の存在する記事と
比較してどれくらい
似ている文章構成があるか


という割合が表示されるみたいです。

調べるとジャンルにもよりますが
49%以内で指定される企業さんが
多いそうです。


このオーバーしている数値を
直していく


案外ここに時間を割く
ライターさんは多いみたいです。


僕はこのコピペチェック終わった後に
対処法をググったりして
案外大変な作業だってことに気付き

結果、納期に間に合わずオワタ。

コピーって記事とかに限らず
ブランド品とか
基本的にNGじゃないですか?

著作権とかそのあたりが。
ブログだとペナルティー
っていうのがあって

広告が一時的にストップしたり
サイトが運営出来なくなります。。。

もちろんブログを運営する上で
この辺りのタブーは気を付けていました。

なので自力で記事を書きあげたわけですが

コピペの疑いって。。。泣

でもまぁよく起こりえる事らしいです。

○○の理由とか
○○の方法系の記事は特に
記事数が多ければ多いほどに。。。

地道にツールを使いつつ
直して行くのですが
わりと時間がかかる作業です( 一一)

一応ツールの紹介を次の項目で
お伝えしますので必要な方は
ご利用下さい!

Webライターの必須ツール【コピペチェックツール】

PCで仕事をする際に効率を上げてくれる
ツールは数多く存在します。

Webライターをやるなら
必須ツールとも言えるであろう
コピペチェックツール

こちらの使い方をご紹介します。

(僕はこのテストを受けるまで存在は
知っていましたが使うのは初めてです。)

CopyContentDetector

無料で使えます。

面倒なアドレス登録とかなく
アクセスする→文章を貼り付け
→数分待てば完了

こんな具合に使えます!

一応参考画像です。

【失敗談】Webライター初心者の辛い話
  1. URLにアクセスする
  2. 1の所に書いた分を打ち込む
  3. 2のボタンをクリック
  4. 待つ。

以上です。

するとさっきの画像の結果が出て来ます。

※1回に25文字~4,000文字の制限が
あるので注意です!


僕の書き上げた記事は
8,000文字越えなので
3回に分けてチェックしました。

【失敗談】Webライター初心者の辛い話

8,000文字ってどれくらいかというと
僕の記事が大体2,500~3,500文字なので
だいぶ頑張りました。。。

もし契約出来ていれば
この記事の頑張りで8,000円は
越えていたでしょう。。。

不採用でしたが( ;∀;)

一般的にあまり使う事無いかもしれませんが

よく学校とかで先生が
「この課題ネットからコピペしたら
わかるからな~」

と脅して来ますが、きっと
こんな感じでチェックしているかもです。

~余談~
簡単に文字数をカウントしてくれる
ツールもあるので
参考までに載せて置きます。

こちら→文字数カウント

使い方は打ち込んで
出来上がったらコピーするだけです。

なんか文字制限に追われる方いたら
使ってください。

Webライターが主に使うサイト一例

フリーで仕事を獲得する手段として
主にクラウドソーシングなんていう
サービスがあげられます。

良く聞くところだと

この2つが王道でしょうか。
最近だとココナラとかも
気軽に売り買いできますね。

アプリだとジモティーとか!

今回僕が応募したのは
企業に直接メッセージが送れる

wantedly-ウォンデットリー-
という一種の求人サイトです。

イマドキな企業って感じですね(^^)

正社員案件とかもありますが
業務委託案件も多いです。

報酬面はコンタクトが取れたら
テストなどを行い
契約しましょうとなったら

そこで初めて交渉するみたいですね。

しっかりとした企業ばかりなので
ネットから仕事取るの不安かも
と言う方にはオススメかもしれません。

よかったらHPを覗いてみては
いかがでしょうか!

まとめ

今回はWebライター初心者や
副業などでライティングを
始めようと考えている方向けに
失敗した話をお伝えしてきました。

1つの作業に魂を込めるのも大事ですが
全体の工程をしっかり把握してから
作業に取り掛かりましょう。

僕はこの経験でブログの更新が
ひじょーに遅れました><

このブログでは成功体験や
失敗体験など

フリーランスや副業で稼ぐ成長過程が
メインとなっておりますので
ご興味がある方は他の記事も
読んで頂けると嬉しいです(^^♪

あとツイッターのフォローも
嬉しいです!

コメント

  1. […] を入れていろんな企業にあれこれ応募している段階です。失敗した記事も以前書いたのでWebライターに関心がある方はこちらの記事も是非どうぞ(^^)【失敗談】Webライター初心者の辛い話 […]

  2. […] 【失敗談】Webライター初心者の辛い話今回の記事ではタイトル通りWebライターでの失敗した話をお伝えして行きます。Youtubeでもあまり触れられていない落とし穴かもしれません→「 […]

タイトルとURLをコピーしました